英語の勉強を長期間継続させるコツをお教えします

語学の習得には年単位の学習が必要:

私は何年か前、勤務先で、TOEICのスコアアップ対策のための社内講師をしたことがあります。
なるべく効率よく点数を上げるための勉強法をみんなに紹介した後、質問タイムになりました。
その中の一つが下記です。
「一体どうすれば、そんなに長期間英語の勉強を続けられるのか?」
言うまでもなく、語学の習得には年単位の学習が必要です。
数か月ではありません。
数年です。
TOEICのように、日ごろから自然な英語にどれだけ触れているかが問われるようなテストでは、特に長期間の学習が必須です。
すぐ投げ出したり諦めたりする人は、一生かかっても上級者にはなれません。
トータルでは数千時間の勉強時間が必要なのです。
これは、私の経験からも言えることです。

TOEICの対策本ばかりでは飽きてしまう:どうすればいい?

繰り返しますが、TOEICで高得点(900点以上)を取るには、長期間の学習が必要です。
でも、つらい作業は続きません。
TOEICに特化した対策本や問題集を大量にこなすのも良いですが、それでは飽きてしまいます。
試験前の1~2か月間くらいなら我慢できますが、それ以上は無理です。
少なくとも、私には無理です。
では、どうすればいいか?
日常生活の中で、英語学習を習慣化させやすい方法を見つけましょう。
自分にとって必要なことや興味があることなら、誰に言われなくても勝手に続けてしまいますよね。
その日常的な継続作業を、日本語ではなく英語で行えばいいのです。
具体例を以下に挙げます。

新聞やニュースを英語で見る:

私は日本語の新聞購読をとっくの昔に止めました。
日本の出来事や解説は英字新聞から取得するようにしたのです。
でも、紙の媒体ではありません。
ネット上の英字新聞です。
具体的に言うとジャパンタイムズ。
日本在住で日本に興味がある外国人をメインターゲットにしているみたいです。
このジャパンタイムズを毎日PC画面で眺めているのですが、見出しと導入部分の文章だけで、大体世の中の動きがつかめます。
一日に30分程度です。
これを365日、毎日繰り返したら相当の勉強量だし、実際、リーディング力のアップに役立ちます。

テレビドラマや映画を英語で視聴する:

これはリスニング力アップに役立ちます。
私が実際に見た洋画の例は・・

・羊たちの沈黙
・デスパレートな妻たち
・クリミナルマインド
・・・

「羊たちの沈黙」と「デスパレートな妻たち」はDVDを購入し、英語字幕+英語音声で繰り返し見ました。
どちらもとても難度が高いです。
好きな話でなければ見ようとも思えません。
私の真似をする必要はないので、どうか自分の興味のあるジャンルやタイトルを探してみてください。
自分のお気に入りの場面やセリフが英語ではどんな風に表現されているか知りたくありませんか?
その英語表現は絶対に忘れることはないでしょう。

好きな本や漫画を英語版で読んでみる:

日本の漫画文化は世界に誇れます。
世界中の人が日本の漫画を読みたくて仕方がない。
だけど日本語が分からないので、英語をはじめとした様々な言語に翻訳され、世界中に広まっています。
「マジンガーZ」なんていう40年以上昔のアニメがイタリアで放送されていることを、仕事で知り合ったイタリア人に教えられたこともあります。
英語に訳された漫画をゲットしようとしても、普通の本屋にはありません。
でも、アマゾンなら簡単に手に入ります。
若い人にも人気がある「めぞん一刻」の英訳版を、私は何冊かアマゾンで購入しました。
話の内容はもちろん、日本語セリフの一つ一つも事前に知っていましたが、その英語表現に触れた時はとても新鮮でした。

英語に触れられる業務を希望する:

もしもアナタが仕事をしているなら、何かしら英語に関係ある業務を希望するのも手です。
私は商品開発に関わる仕事もしていたので、運よく取扱説明書の英訳を任されました。
日本文の真意を海外のネイティブスピーカーに伝えるための最適訳は何か?
随分と悩みましたが、同僚のアメリカ人にも助けられつつ完成させることが出来ました。
仕事をしながら英訳の訓練も出来たのですから一石二鳥です。
外資系は知りませんが、普通の日本の会社は日本人ばかりですから、どこも英語の扱いに困っています。
皆が避けたがることを率先してやろうとすれば、それが能力の差別化、ひいては生き残る術につながります。

ユーチューブでノウハウ収集するならネイティブスピーカーのものを聞く:

今や、テレビを見ないでユーチューブばかりを見てる人も多いようです。
どうせユーチューブを見るなら、英語で紹介されているものを選んだらいかがでしょうか?
商品の紹介、日常生活の知恵、様々なジャンルのニュース・・・
ネイティブスピーカーが親切に説明してくれているチャンネルはたくさんあります。
有用情報を収集するなら言語を英語に切り替えましょう。
ユーチューブなら映像付きなので、それが内容理解の手助けになります。

知らない単語はその都度、英英辞典で調べよう:

新聞でも漫画でも映画でも、知らない英単語に遭遇することは日常茶飯事。
そんな時に頼りになるのが英英辞典です。
DVD付のもの購入し、PCにインストールし、都度検索して意味を確認しましょう。
英和辞典はダメです。
いちいち、頭の中で日本語に変換する癖が付いてしまいますから。
英単語の意味は英語で確認するのです。
PCだったら、紙の辞書とは違い、お目当ての単語にすぐにたどり着きます。
発音の確認も出来てしまいます。
私が使っている英英辞典を下に紹介しますから、詳細はリンク先で確認してくださいね。

【DVD-ROM付】オックスフォード現代英英辞典 第9版

新品価格
¥6,050から
(2019/10/11 19:21時点)

まとめ:

「一体どうすれば、そんなに長期間英語の勉強を続けられるのか?」
この素朴な疑問に答えるべく、私が実践してきたノウハウを述べてきました。
なんでもいいですから、自分が好きなことや自分にとって必要な作業を英語でやるようにしましょう。
あなたの生活をなるべく英語漬けにして、ネイティブスピーカーと同じ生活環境を作るようにしてください。
TOEICで900点を超えるような基礎力は、日常的な生活の中でどれだけ英語に触れるチャンスを増やせるかにかかっています。
TOEIC対策本だけに頼っていても上級者への道は拓かれません。
楽しく気長に英語学習を続けてください。

以上

タイトルとURLをコピーしました