ビジネス英語を勉強するならTOEIC対策がおすすめ

ビジネス英語とは?

ずばり、仕事を遂行する時にツールとして使う英語のことです。
日本人だけの会社で、日本人や日本語だけを相手にして仕事をするなら英語は不要かもしれません。
でも、そういうケースは少なくなりつつあります。
インターネットがこれだけ発達して、情報が瞬時に世界中に拡散される現代では、英語とずっと無縁という訳にはいかないでしょう。
ネット上の情報の多くは英語で書かれています。
コミュニケーションのツールとして一番普及しているのは英語です。
英語に不自由していては、競合他社に勝つことは出来ません。
英語は、理系文系とか業界を問わず、今後ますます重要になっていくでしょう。

TOEICはビジネスで使う実践英語の宝庫:

初心者だけど何とかビジネス英語を身に付けたいという人は多いはずです。
現実問題として、いちいち翻訳家や通訳に頼ることはできません。
お金もかかる、時間と手間がかかる、それでも真意が伝わっているか不安・・・
直接相手とやり取りできなければ本当の信頼関係は築けません。
ビジネス英語を学びたいなら、TOEIC対策が一番手っ取り早いです。
TOEICの問題が、ビジネスで使う実践的な表現で溢れているからです。
さすが、国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)が製作しているだけのことはありまます。

・会話
・留守番電話のメッセージ
・報告場面
・会議
・広告
・パーティ
・メールやチャットでのやり取り
・ウェブサイト
・商品のレビュー
・雑誌記事
・・・

内容はよりどりみどり。
そのまま使えばネイティブに対して100%通用します。
試験のための受験英語ではなく、実践で使える英語表現の宝庫。
それがTOEICです。
TOEICの点数を上げるために勉強すればビジネス英語が身に付くだけでなく、実力が点数化されるのでアピールにもなります。

TOEIC公式問題集の有効活用法:

私はTOEICの公式問題集を始め、参考書をたくさん購入して繰り返し解くことを実践してきました。
公式問題集は色々な使い方があります。
リスニングを繰り返すだけでなく、自分で音読しましょう。
自分で発声することで、英語表現が自然と出てくるようになります。
リーディングパートでは、読むだけでなく、実際に自分で書き写してみましょう。
自分で書くことで、ライティングすることに抵抗が無くなります。

初心者は英単語帳を使いたがりますが、そんなものは必要ありません。
TOEICの公式問題集を、まずは一冊でも良いですから繰り返し解いて覚えてしまえばいいのです。
問題集そのものを単語帳代わりに使いましょう。
英単語は文脈の中でないと、なかなか記憶に定着しませんから。

ところで、英文法の知識は錆びついてませんか?
公式問題集をやってる中で文法的に納得していればOK。
もし、あやふやならば、その部分をきちんと復習しましょう。
英文法は、家を建てる前の基礎工事に相当します。
そこがしっかりしていないと、高いレベルに行くことは出来ません。

ビジネスでの実践体験:

私は、ビジネスで英語を使ったことがあります。
TOEICで700点くらいだった時、アメリカ人の青年が入社してきて席が隣同士になったのです。
彼は日本語が苦手だったため、日本国内ですが英語でやり取りすることにしました。
私自身、こういう経験は初めてでしたが、良いチャンスだと思いチェレンジしたのです。
彼の英語を聞き、それに対し英語で応答する。
彼の文章を読み、英文で意思を伝える。
聞く、話す、読む、書く。
結果的に4技能全てを使って、コミュニケーションしていました。
アメリカ人青年の同僚とは約3年半の付き合いでしたが、貴重なビジネス英語実践経験だったと思います。
また、アメリカ人のようなネイティブではありませんが、イタリア人のビジネスパートナーたちと英語で仕事をしたこともあります。
ブロークンイングリッシュは少し辛かったですが、唯一のコミュニケーション手段である英語を駆使して意思の疎通を図りました。
英語の実践だけでなく、習慣や考え方の違いを肌で感じる良い機会でもありました。

上記のアメリカ人やイタリア人とのコミュニケーションがすべて順調だったのではなく、試行錯誤の連続だったとも言えます。
失敗、誤解、衝突、葛藤・・
でも、その試行錯誤を底辺で支えてくれていたのは、TOEICで学んだ実践英語です。
TOEIC対策をはじめとして、真剣に英語学習して本当に良かったと思います。

まとめ:

ビジネス英語を何とか身に付けたいと思っている人のほとんどは初心者だと思います。
私も初心者でした。
帰国子女でもなく、留学経験もなく、大学の専攻だって英語と無縁。
生まれてからずっと、周囲を日本人ばかりに囲まれて生活してきたのです。
そんな平凡な初心者でも、TOEICで900点を超えるレベルになれるのです。
そして、ビジネスでの実践を通して、英語を使う力も身に付けられます。
ビジネス英語の勉強で何をすればいいか分からない人は、とりあえずTOEIC対策に取り組むことをおすすめします。
おすすめアプリのリンク↓↓
TOEICテスト対策

以上

タイトルとURLをコピーしました