TOEIC英単語の覚え方:単語帳よりこっちがオススメの理由

はじめに:

みなさん、TOEIC対策に励んでいますか?
TOEICは主にビジネス場面での出題が多いですが、3000語の英単語を覚えれば9割以上はカバーできます。
ネイティブスピーカーの平均語彙数が数万だということを考えれば、特定の単語だけ抑えればいいことになります。
でも、数千語レベルの単語を覚えるのは大変です。
初心者がやりがちなのが、単語帳を使って英単語を頭に叩き込むというもの。
私のやったことありますが、一日でギブアップしました。
だって、つまらないんですもの。
こんな修行僧のような作業を続けられる人は100人に一人もいないでしょう。
この記事では、英単語を覚えるための合理的な方法について述べたいと思います。

単語帳の使用が合理的でない理由:

まず、いわゆる単語帳を使うべきでない理由を述べます。

1)単調でツマラナイ
日本語と英語の対比を頭に叩き込むため、ただひたすら反復作業をするなんて拷問に等しい行為。
こんな単調でつまらない作業をやっても、ツラいだけです。
英語嫌いになりたい人にはオススメですが、英語力の基礎を固めて仕事上困らないようにしたい人はやってはいけません。

2)根性が必要な割に忘れやすい
つまらない作業を続けるには根性が必要です。
ガッツという言葉が大好きな上司もいると思いますが、語学の習得は、誰に言われなくても継続できる習慣を身に付けなければ意味がありません。
短期的な気合だけで語学力がどうにかなるなんて、妄想に過ぎません。
仮に、根性で1か月間単語帳を呪文のように唱えて頭に叩き込んだとしても、そんな無機質な知識は直ぐに忘れてしまいます。
私が保証します。

無駄なことはやめましょう。

3)一つの英単語と一つの日本語を対で捉えるのは間違い
単語帳の多くは、英単語と日本語を対比で書いています。
一つの英単語を見たら、一つの日本語が思い浮かぶように訓練するのですね。
でも実際、英単語には複数の意味があるのが普通です。
文脈によって使い分けられなければダメなのです。
名詞だけでなく動詞としても使われるものがとても多い。
一つの英単語と一つの日本語を対で捉えるのは間違いです。

4)頭の中で英語を日本語に変換する癖が付いてしまう
この癖は、TOEICを解くときに致命的です。
いちいち日本語に変換していたら、英文を理解するのに余計な時間がかかってしまいます。
英文を読んだら英語のままで理解し、日本語を頭に思い浮かべてはいけません。

英語専用の回路を脳内に形成するのです。
この必要なスキルを身に付けねばならないのに、単語帳はアナタの足を引っ張ります。

英単語帳のことをけなしてきましたが、もちろん例外はあります。
中学生レベルの英語力なら、知ってる単語数が少なすぎるので、とりあえず単語帳で語彙を増やす必要があります。
本当の初心者にとっては有用だと言えます。

必ず文脈の中で定着させよう:

英単語の語彙数を増やしたかったら、必ず具体的な文脈の中で定着させましょう。
TOEIC公式問題集の例文を覚えてしまうのが一番効率が良いです。
「こういう場面や状況では、この英単語がよく使われているな」という感覚を身に付けましょう。
そうすると、英単語を見た時に状況を思い浮かべるようになります。
単純な反復作業と違い、記憶に定着させるのが容易です。

公式TOEIC Listening & Reading 問題集 5

新品価格
¥3,300から
(2019/10/6 15:54時点)

辞書は必ず英英辞典を使うこと:

初心者には少し心理的抵抗があるかもしれませんが、分からない単語が出てきたら、是非とも英英辞典で調べてください。
英単語の意味や用法を、日本語ではなく、すべて英語で説明している辞書のことです。
私は、下記の英英辞典を毎日利用しています。

【DVD-ROM付】オックスフォード現代英英辞典 第9版

新品価格
¥6,050から
(2019/10/11 19:21時点)

DVD-ROMをPCにインストールすれば、検索するのが簡単です。
音声で発音を確認することも出来ます。
一つの英単語について様々な意味と例文を英語で確認することで、ネイティブスピーカーと同じ感覚を身に付けることが可能になるのです。
つまり、英文を読んで英語のままで理解することができるということです。
上級者の仲間入りをして快適な英語ライフを楽しみたかったら、英英辞典は必須です。

日常生活の中での習慣化が鍵:

TOEICの対策本は点数をアップさせるのに有効ですが、そればかりやっていても飽きてしまいます。
公式問題集といえども、架空の話に過ぎませんから。
試験直前は仕方ありませんが、英語学習を日常的に習慣化したいなら工夫が必要です。
やはり、自分が興味のあることや必要な情報を英語で収集するのが王道です。
私は毎日、ジャパンタイムズをネットで読んでいます。
日本在住の外国人で、かつ、日本に興味がある人をメインターゲットにしていますから、日本語の新聞代わりに読むといいでしょう。
情報収集と英語力アップの一石二鳥になります。
英字新聞という洗練された自然な英語に毎日触れることで、英単語の語彙数も自然と増えていきます。
分からない英単語に遭遇したら、躊躇せずに前述の英英辞典で確認しましょう。
地道な作業に思えるかもしれませんが、語学の習得とは地道なものです。
私たちが日本語を何不自由なく使いこなせているのも、毎日の地道な努力の賜物ですよね。

まとめ:

英単語の語彙数を増やすためのオススメの方法をいくつか述べてきました。
これらの方法を実践することで得られるメリットを列挙します。

・興味を持って取り組めるので長続きする
・自然に覚えられて記憶に定着しやすい
・一つの英単語には複数の意味があることを理解できる
・英語に接したら英語のまま理解できるようになる
・結果的にネイティブの感覚に近づける

どうですか?とてもお得な方法でしょう?
単語帳を使っている人がいたら、すぐに捨てて、この記事で述べた方法に変えましょう。
労多くして得るものが少ない方法をわざわざ実践する必要はありません。
損なことをするのは止めるべきです。
あなたの貴重な時間は、合理的な手段に当てられるべきです。

英単語や英文法も含め、スキマ時間で学習を継続したいなら下記アプリもおススメです。
スマホを使って、いつでもどこでも短時間集中型の取り組みをするのに便利です。
参考にしてください。



以上

タイトルとURLをコピーしました