【TOEICの英単語】単語帳以外のオススメ勉強法はこれだ!

英単語はどのくらい覚えればいい?

ネイティブスピーカーの語彙数は数万と言われています。
すごいですね。
日本人の英語学習者でトップレベルの人でも1万を超える程度です。
でも、TOEICのスコアアップのために1万個の英単語を覚える必要はありません。
TOEICでは約3000の英単語をマスターすれば、9割以上はカバーできます。
それでも、数千個レベルの必須英単語を覚えるのは大変です。
この記事では、英語学習者なら誰でも悩む英単語習得法について述べたいと思います。

単語帳は楽しいですか?

特に初心者の間で英単語帳が大人気のようです。
どうして皆、単語帳を使いたがるのでしょうか?

文法の復習は面倒くさいけど、英単語なら気軽に取り組めるからですか?
英単語を少しでも覚えておけば、読解問題で有利だからですか?
他の人がやってるからですか?

私は英単語帳なんて苦痛で使ってられません。
以下に、理由を箇条書きします。

・英語と日本語を対で示されても覚えられない。何回も繰り返せば記憶に定着するかもしれないけど、いずれは忘れてしまう。
・フレーズの一部として示されても、印象が薄くて覚えにくい。
・英語を見たら日本語を思い浮かべる癖がついてしまう。読解問題では、日本語に変換せず英語のまま理解しないと時間がかかってしまう。
・つまらない作業なので飽きてしまう。

少しでも同意して下さった人のために、より良い方法を次に説明します。
(英文法をマスターしていることが大前提です)

単語帳よりも有効な方法とは?

ずばり、TOEICの公式問題集を使いましょう。

公式TOEIC Listening & Reading 問題集 5

新品価格
¥3,300から
(2019/12/3 21:17時点)


これを5回も10回も繰り返し解いて、完全に覚えてしまうのです。
リスニングパートなら、意味を理解した上で音読しましょう。
ネイティブの真似をしてお腹の底から重低音を響かせる感じです。
喉が渇きますから、休み休み、途中で水を飲みながらでOKです。
リーディングパートは繰り返し解くだけでなく、一回、自分で全文書き写してみましょう。
自分で書いたり発声することで、脳内に英語回路が定着しやすくなります。
こういう作業をすることで、TOEIC用の英単語は自然と身に付きます。
「この英単語は、こういう場面のこういう文脈の中でこんな感じで使われるんだな」という覚え方です。
この方法なら、無理なく自然に記憶に定着します。

私は英字新聞を読んでいますが、自分が興味のある記事を読んでいて、分からない単語が出てきたら英英辞典で意味を確認します。
記事内容に興味を持ち感情が高まっている状態で調べると、脳裏に刻まれやすいのを実感できます。
一見効率が悪そうな方法は、実は一番効率が良いのです。
英単語帳を機械的に何十回も繰り返すなんてことはやめましょう。

まとめ:

私は英単語帳なんて使ったことがありません。
使わなくて不自由したことはありません。
それでも、TOEIC950点を取れました。
自分の語彙数は正確には分かりませんが、WEB上の無料計測サービスを使った感触では、おそらく7000~8000だと思います。
すべて、TOEIC対策のための問題集・参考書、英字新聞、洋画、ニュースなどに触れるうち自然に習得したのです。

もちろん、英単語帳が好きで好きでたまらない人はそのままで良いと思います。
でも、長続きしなくて困ってるし、思うように覚えられない人は、この記事で書いてある方法を試してみてください。

また、英単語をネイティブの感覚で理解したいなら英英辞典がオススメです。
これを機会に英和辞典を捨てて、英英辞典に切り替えてみてはいかがでしょうか?
上級者になりたいなら英英辞典は必須です。

参考記事リンク:
【単語帳よりおすすめ】英英辞典の使い方を紹介します

以上

タイトルとURLをコピーしました