社会人が英語の勉強のモチベーションを維持する方法

英語の勉強のモチベーションを維持するには?

日本人の多くは英語が嫌いです。
地球上に存在する沢山の言語の中で、日本語と英語はその構造上、対極に位置するのですから、馴染めないのは無理ありません。
ドイツ人やフランス人が英語を学ぶ場合、日本人の何分の一という労力で済んでしまうのは、言語構造が似ているからです。
こんなハンディキャップはズルいですよね・・?
英語の必要性を感じていても勉強から逃げる言い訳を探すのに熱心な人が多い中で、勉強が続かないと悩んでいる人は貴重です。
何とかしたいと思っているからこそ悩むのです。

この記事では、主に社会人を対象として、英語の勉強を継続するための方法や考え方を述べたいと思います。

就職・転職・昇格でのうま味

難しいことを成し遂げようとする場合、切実感は大きなモチベーション(動機付け)となります。
TOEICは、日本国内だけで年間、約250万人が受験するテストですが、これだけ受験者数が多いのは、採用する側がその点数を重視するようになったからです。
点数さえ上げれば有利な立場になれるのですから、ノンビリ屋でも必死になりますよね。

有利になる理由については、下記事に譲ります。
↓↓
TOEICの高得点者が就職・転職で有利なのはナゼか?

社内の昇格要件にTOEICの点数を掲げていたり、昇格テストで下駄を履かせてくれたりもします。
お金はインセンティブになるのです。

就職、転職、昇格は、比較的短期の目標になりますが、目標がある人は強い。
いつまでに何点を目指すと決めたら、あとは自分にとって最適な手段を選んで実行するだけです。

英語が苦手な人が短期間で確実にスコアアップさせたい場合、パーソナルコーチを付けるケースもあります。
失敗のリスクを極小化するという点で賢い選択肢と言えます。
ウェブ上のアプリであっても専門家のアドバイスが得られれば、モチベーション維持をし易いものです。
参考リンク
↓↓
スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプラン

教材選びや実行方法について手取り足取りサポートしてもらいたい人は、検討してみる価値があると思います。
幅広い英語力とかではなく、TOEIC対策に特化すれば、数か月程度で100~200点以上点数をアップすることも可能です。

仕事上のメリットを享受できる:

英語が出来ると何年何十年という長期にわたって、様々なメリットを享受できます。
メリットの内容は仕事内容や立場により様々。
私のケースを下リンク先にまとめましたので、参考にしてください。
↓↓
英語を勉強する理由・メリットとは?あるサラリーマンの実体験を紹介
英語が出来て当たり前の職場環境ではあまり美味しくないかもしれません。
でも周囲が英語アレルギーの人間ばかりだと、たかだかTOEICの点数が良いだけで「抜擢」されたり、尊敬されたりするんです。
リストラ防止にもなります。
つまり、人生を安定化させるのに有効なんですね。
一度でも美味しい思いをしたら、強烈な動機づけになりますから、英語の勉強を中断しようとは思わなくなります。

情報源として英語メディアを利用できる:

仕事や日常生活を快適にするには、グルーバルに良質な情報源を持っている必要があります。
それが他人より有利になる秘訣です。
インターネット上の情報源の1/4は英語です(日本語は3%程度)。
これを利用しない手はないでしょう。

例えばTOEICは一つの試験に過ぎませんが、そこで使われている英語表現は極めて実用的です。
ネイティブスピーカーにそのまま通用します。
私も散々試してきましたから間違いありません。
TOEICの勉強をすれば英語の基礎力を養えるのです。
基礎力を養えば、英字新聞、英語ニュース、洋書などを日常的に利用することが可能になります。
つまり、情報源が拡大するのです。
参考リンク
↓↓
TOEICに特化した訓練をした結果起きたこと

例えば英字新聞を利用すれば、日本語のマスメディアと異なる視点を得られます。
日本マスコミが、政府や大企業に遠慮して言いたいことが言えなくても、英語メディアは容赦ありません。
日本の本当の姿を知りたいなら、外からの視点は不可欠です。

実際私は、日本語の新聞をとうの昔に止めましたが、何も不自由していません。
英字新聞は一度親しんだら止められません。
情報収集と英語学習を兼ねているんですから、一生継続できますよね。
モチベーションの維持がどうのこうのと悩む必要もありません。

まとめ:

英語学習のモチベーションを維持するには、旨味が必要です。
その旨味を一度でも体験すれば、強力な動機づけとなります。
そして美味しい体験をするには、ある程度の期間、地道に勉強しなければなりません。
英文法や語彙の基礎すらない人は、おいしい思いをすることは出来ないのです。
自分の時間や労力などを少しの期間だけ勉強に注ぎ込めれば、活路が拓かれるでしょう。

あなたには我慢するという能力がありますか?
それとも、面倒事から逃げますか?

ここまで読んで頂いた人には、是非とも考えて欲しいと思います。
スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプラン

以上

タイトルとURLをコピーしました