TOEIC900点以上というステータスに意味があるのはナゼか?

TOEIC900点にはどんなメリットがあるのか?

たまに「TOEICで900点取れても意味がない」みたいなことを言う人がいます。
そういう人は、さぞかし英語力が高いのかと思ったら、そうでもないようです。
むしろ、「意味がない」と言うのは初心者が多い気がします。
「意味がない」と勝手に思い込むのは構いませんが、目標に向かって努力をしている人のヤル気を削ぐのは避けたいところ。

この記事では、TOEIC900点を超えるために努力すること、900点を実際に超えることの意味やメリットを述べたいと思います。

就職・転職・昇格で有利:

就職や転職を考えている人にとってTOEICは大いに武器になります。
最高レベルの900点以上なら、どんな企業だって興味を示します。
なぜか?
詳しくは下記リンク先の記事を読んで下さい。
↓↓
TOEICの高得点者が就職・転職で有利なのはナゼか?

上リンク記事の要点だけ挙げます。

・日本人は英語が苦手だから羨望の眼差しで見られる:
・実用的な英語力があるとみなされる:
・二つ以上の専門分野を持つとみなされる:
・面倒事から逃げないメンタリティがあると判断される:
・平均より高めの知能を持つと判断される:
・論理的思考力、言語運用能力などに優れるとみなされる:

また、サラリーマンなら社内で昇格するにも有利です。
昇格試験で下駄を履かせてもらえます。
仕事で抜擢される可能性が増えるので、チャンスが広がります。
インターネットの発達とともに世界は一つになりつつありますから、英語力がある人は重宝されるのです。

TOEICを起点として、様々な媒体に移行できる:

「TOEICで900点以上取れたって英会話できないんじゃ意味がない」という主張にも一理あります。
英会話はコミュニケーションのためのツールですから、出来るに越したことはありません。
TOEICの対策だけに特化している人は、英会話経験が無いという人がほとんどです。
経験が無ければ、当然、英会話は出来ません。
両者は別物ですから。
それでも、TOEICで高得点を持っている人が英会話を実践し始めたら上達は早いです。
文法と語彙力がしっかりしている上に、実用的な英語表現が多数インプットされているわけですから。

参考までに、私の体験談を記事にまとめましたので読んでみてください。
↓↓
英語を勉強して話せるようになるまで:方法とプロセスを解説

逆に、TOEICの点数が低い初心者は、片言の英語でやり取り出来るかもしれませんが、すぐに伸び悩みます。
思うように意思の疎通が出来ないストレスに悩まされ続けることになります。

TOEICの高得点者は、英字新聞を読むこともできます。
TOEICの世界ではなく現実の世界ですから、最初は抵抗があるかもしれませんが、すぐに慣れます。
英字新聞だけではありません。
英語ニュース、洋書、洋画・・
いろんなものに手を伸ばし、自分の世界を広げる素地を持っています。
情報源をたくさん持ち視野を広げられる人は、生きる上で有利な条件を備えているのです。

周囲の人間を判別する手助けとなる:

英語が得意でない人ばかりが集まる普通の職場でTOEIC900点を超えるようになると、周囲の見る目が変わります。
「あなたはきっと、普通の人とは頭の出来が違うんですね」と誤解されることもあります。
もちろん、素直に尊敬してくれる人もいるでしょう。
でも、自分に自信がなかったり、器の小さい人は嫉妬することもあります。
「英語が出来たって、○○は出来ないだろう」と、人のあら探しをしたり・・・
しかし、嫉妬は羨望の裏返しですから、嫉妬されるということは実力があるということです。
大いに胸を張るべきでしょう。

私が勤務する社内でも、観察していると色々分かって面白いです。
これは、TOEIC高得点者の特権と言えましょう。

まとめ

もし、この記事を読んでいるアナタがTOEICの高得点を目指しているなら、それはとても価値のある行動です。
理由は、上に述べた通りです。

もし、TOEICで900点を超えられたら、誰に対しても「英語の基礎は完璧です」と胸を張って言うことが出来ます。
TOEICは試験の一つに過ぎませんし、点数は一つの指標です。
しかし、大きな意味を持つ指標なのです。

挫折しそうになりながらも頑張っている人にとって、この記事がお役に立てば幸いです。
参考リンク
↓↓
中学レベルの初心者がTOEICで900点を超える方法

以上

タイトルとURLをコピーしました