TOEIC公式問題集だけで勉強を続けるのは難しい理由

TOEIC公式問題集は万能ツールではない:

「ねえ、TOEICで良い点数を取るには何をすればいいの?」
TOEICで900点を超えるようになってから、この質問をよくされるようになりました。
「学生じゃないんだから自分で考えてくださいよ」なんて言うと冷たい人だと思われるので、
「TOEICの公式問題集を繰り返しやると良いですよ」と答えるのがお決まりになっています。
でも、私に言われた通り、TOEICの公式問題集に取り組んで、実際に点数アップまで成し遂げる人は10人に一人もいないのではないでしょうか?
英語に対して熱意が無いのと、実行力がない人がほとんどだからです。
仮に、英語に興味がある人が公式問題集の独学に取り組んだとしても、長期間継続して上級者レベルにまで至るのは稀です。
その理由を以下に述べます。

文法が錆びついた初心者では歯が立たない:

TOEICは、英語力が中学生レベルの人には歯が立ちません。
点数で言うと300点台かな。
社会人になってから英語から遠ざかり、基本的な文法事項も錆びついているケースですね。
高校レベルの英文法をマスターし、かつ、英文を読むための最低限の語彙力が要求されます。
この二つの条件を満たしていない人がTOEIC公式問題集に取り組んでも、さっぱり理解できないのでつまらないと感じます。
ツマラナイから飽きてしまい、勉強しない理由を探し始めるのです。

独学で挫折するパターンが多い:

独学は勉強の基本とはいえ、とても孤独なものです。
私は性格的に苦になりませんが、ダメな人も多いはずです。
仲間やアドバイスしてくれる人がいないと、長続きしないのです。
英語の勉強は一日二日で効果を実感できません。
少なくとも数か月単位で続けないと、具体的な点数アップにはつながりません。
自分がやっている方法が正しいかどうか確信が持てないことも多いですし、結果の不確実性にも耐えねばなりません。
悩みや不安を振り払い、とにかくやってみることが大切ですが、目先の損得ばかりを気にする人には無理でしょう。
「こういう方法でこれを勉強すれば大丈夫だよ」と教えてくれる信頼できる先生がいれば安心ですが、独学は、自分の責任で方法を選択し自分の意思で実行しなければいけないのでハードルが多いのです。

問題内容はつまらない話ばかり:

TOEICの問題集に出てくる話は全て架空です。
しかも、あまり面白くありません。
私が試験前に公式問題集をやる目的は、試験の形式・内容・傾向に慣れるためです。
慣れてた方が本番で有利だからです。
面白いからやってるわけではありません。
面白くないから、試験前の短期間だけしかやりません。
TOEICの対策本ばかりを毎日何年間も継続しろと言われても無理です。
だから、英字新聞を読んでいるのです。
自分にとって、興味関心がある記事を見出しを頼りにして選び、本文を読む。
英字新聞なら英語の勉強にもなりますし、何年でも続けられます。
参考記事↓↓
英字新聞で挫折したくないなら、まずは見出しを攻略すべし!

まとめ:

・独学は無理そう
・文法などの基本から見直したい
・信頼できる人から教わりたい
・勉強方法などのアドバイスが欲しい
・楽しく勉強したい
・忙しいからスキマ時間を有効活用したい
・スマホを使って往復の通勤時間で勉強したい
・無駄を排して効率よく点数アップしたい

これらすべての要望に応えられるアプリでおすすめなのが「スタディサプリ」です。
TOEIC満点講師の講義をスマホで聞き、問題を解く。
この繰り返しで、確実に効率良くスコアアップできます。
リンク参照↓↓
TOEICテスト対策

疑り深い人は、とりあえず無料体験サービスを利用して、それから決めるのがいいと思います。
それすら出来なければ、可能性を自ら閉ざしているのと同じです。
小さなことで良いですから、何かしら行動を始めましょう。

以上

タイトルとURLをコピーしました